印象を変える外壁塗装

外壁塗装で家の印象を変える

外壁塗装で家の印象を変える マイホームのメンテナンスとして、新築から10年前後を目安に行いたいのが外壁の見直しです。
塗装仕上げの家の場合ですと、外壁塗装を行うことによって防水や遮熱効果がプラスされ、住宅としての寿命を延ばすことができます。
塗装のもう一つの大きな効果として、家の印象を変えるという楽しみもあります。
塗装に利用できる色は塗料ごとに20から40色のバリエーションがあるので、好みのイメージに変えることも簡単です。
外壁塗装で失敗しないためには、色の持つ雰囲気を把握して選ぶのがコツです。
たとえばシンプルな外観が好みの方や周辺との調和を考える方には、ベージュ系の塗料が人気です。
明るさよりも落ち着きを重視したい場合には、シックなブラウン系が選ばれています。
ほっとするような暖かみのある家にしたい時には、ナチュラルなオレンジやピンクの暖色系が最適です。
外壁は面積が大きく、小さな色見本ではわかりにくいこともありますので、専門家に相談しながら決めることも大切です。

住宅が見違える外壁塗装

住宅が見違える外壁塗装 住宅をグレードアップする1つの方法として、外壁塗装があります。
一般的に外壁塗装は住宅を長持ちさせるために定期的に行わなければならないものですが、この際に一工夫することで、住宅が見違えるように美しくできる場合があるのです。
最近では様々な効果のある塗装方法が開発され、実用化されています。
熱の吸収を防ぎ、冷暖房効果を高める耐熱塗装や、外壁が汚れるのを防ぐために汚れが付着しにくい構造を持った塗料など、様々なものが開発されています。
そのためこれらの塗料を効果的に利用することで、これまでとは見違えるような効果を発揮することができるのです。
さらに最近では、外壁塗装を行う代わりにサイディングを取り付けると言うケースも増えています。
この方法を用いることで外観を大きく変えることができ、家を立て直したかのようなイメージを与えることも少なくありません。
信頼できる業者に相談した上で、自分のイメージを実現するためにどのような手法があるのかを提案してもらうことが効果的な外壁塗装を行う良い方法です。

新着情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>外壁塗装のメリットと施工依頼のポイントとは
>外壁塗装を依頼することにはデメリットはほとんどありません
>外壁塗装の最新トレンドに対応できる業者を選ぼう
>外壁塗装をお願いした時に起こりやすいトラブル
>外壁塗装を依頼するときは防犯対策に力を入れているのかも重要になる

◎2021/5/6

高額な外壁塗装は注意が必要
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

建物に必要なメンテナンス
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

住まいに重要な塗装や工事
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

自治体からの補助金を利用
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

既存の外壁に合った種類
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

外壁塗装をDIYで
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

外壁塗装の費用相場は?
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

リフォームするなら外壁塗装
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

屋根葺き替えの時期
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「外壁 断熱」
に関連するツイート
Twitter

返信先:断熱・耐震はどのレベル? 外壁の塗り替えは何年後? 雨漏りの可能性は? トータルコストで考えましょう!

返信先:新築マンションの外壁面は吹付断熱のことがほとんどです!吹付の方が断熱性高いはず 最上階の天井は外断熱だと思いますので、内側から断熱材は見られないと思います

パイナップル🍍とメロン🍈の皮って熱に強いんだね。凸凹して、内側にジェル(ゲル?)状の物質がついた外壁を作ったら断熱壁になって家やスペースシャトルに使えたりしないのかな〜?

・戸建リノベ→ボロ戸建、建て直すのと外壁屋根断熱やり直すリノベなら、プンやI田の建売系メーカーで建て直すのとトントン。3000万行くか行かないか。解体して大手HMで30坪建てたら4500万。戸建フルリノベは来年規制が厳しくなり建確費用がかかるがそのコストは30万強、補助金でペイできるのでは?↓

返信先:一般的に大手システム建築メーカーは様々高機能な建材が標準装備されていて値段も高く、地場の工務店さんでは必要以上の物はオプション的な扱いになるため標準価格は低い、という違いがあるようです。例えば耐震性能、断熱性能、外壁の耐久性などなど… 中でも積水ハウスさんの施工は丁寧な印象です!